オフィスの観葉植物の日記です


by jki977jpsq

増える「夜型」美術館 「仕事帰りに見たい」の声に応え(産経新聞)

 午後5時ごろが一般的だった美術館の閉館時間が、どんどん遅くなっている。夜型生活が定着している都会だけでなく、一定の入場者を得たい地方でも7時、8時まで開館するなど、夜型美術館は全国的な傾向にあるようだ

 今月初め、日本有数のオフィス街、東京・丸の内にオープンした三菱一号館美術館(東京都千代田区)。仕事帰りのサラリーマンの来館を見越し、水〜金曜日の開館時間は午後8時までとした。「周辺のオフィスで働くサラリーマンに、仕事帰りに文化に触れてほしい」と同美術館。現在行われている「マネとモダン・パリ」展では、スーツ姿の来館者の姿も目立つ。

 都心ではオールナイトで美術館を開館する取り組みもある。森美術館(港区)は3月末、六本木一帯で行われたイベント「六本木アートナイト」時、午前6時まで“終夜開館”、午後5時から翌朝までに8千人以上の来館者を集めた。

 森美術館は通常でも火曜日を除き、午後10時まで開館する「夜型美術館」の代表格だ。「夜の方が人が多い六本木だからこそ」(広報)で、周辺のサントリー美術館(同)も水〜土曜日は午後8時まで開館している。

 全国の美術館の検索サイト「日本美術倶楽部」の担当者は「開館時間延長は全国的な傾向」と解説する。以前は土曜日のみ午後7時まで開館していた鳥取県立博物館は、平成20年度に来館者らにアンケートを実施。要望を受け、21年度からは日祝日も午後7時まで開館時間を延ばした。

 夜型美術館が増えている背景について、熊本市現代美術館の桜井武館長は「公的な美術館は開館時間が条例などで定められ、展示ごとに変更するのは難しい。それでも一定の入場者数が求められるため、開館時間を延ばしている可能性もある」という。同美術館も午後8時まで開館しているが、「地方では午後7時を過ぎてから訪れる人は少ない」と打ち明ける。

 桜井館長によると、海外では開館時間が深夜にまで及ぶところはほとんどなく、あっても週に1度くらいという。日本美術倶楽部が美術館入場券のプレゼントを企画したところ、「仕事帰りに行きたい」などの一言を添えてくる応募者が多かった。美術鑑賞くらい休みの日にゆっくりと、というのは、忙しい現代人には贅沢(ぜいたく)なのかもしれない。(道丸摩耶)

【関連記事】
根木さんの大賞作はじめ個性ズラリ 27日から上野の森美術館絵画大賞展
箱根に巨大な牛現る! 彫刻の森美術館
20世紀の男たちへの鎮魂 森村泰昌・なにものかへのレクイエム
ヤマザキマザック美術館 23日オープン 仏絵画や工芸品約300点展示
故いわさきちひろさんの長男、松本氏が長野知事選出馬へ

JR東海7人、私鉄無賃乗車=IC乗車券の記録消去(時事通信)
新たに183人提訴=建設石綿被害訴訟−東京、横浜地裁(時事通信)
規制緩和で「成長産業化」狙う−民主党・医療機器作業チーム(医療介護CBニュース)
<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加へ 政府、転換に動揺(毎日新聞)
あしなが募金 遺児の進学・就職率ダウン(毎日新聞)
[PR]
by jki977jpsq | 2010-04-26 22:04